現役医師・教官により内科外科を両方カバーされているのも長所の一つです。

解剖学・生理学を学び始めた人・苦手に感じている人向けの本です。

紙面の関係上、第1弾で扱えなかった重要事項を扱っています。

アメリカの超有名呼吸器外科医の「必勝本」です。