治療はどのようなものがあるか:手術で切除する

胸腺の腫瘍の治療においては、手術が大きなウエイトを占めており、その方法を解説します。


開胸手術(胸骨正中切開)による腫瘍切除

開胸手術

胸骨を真ん中で切開して、腫瘍及び胸腺組織の切除を行う方法です。


胸腔鏡手術やロボット手術による腫瘍切除

胸腔鏡手術

肋骨と肋骨の間に複数の小切開をおいて、細い手術器具を挿入して腫瘍の切除を行います。


胸の中でどのような手技を行なっているか?

ロボット手術

黄色の胸腺を、心膜や大血管から安全に剥がす作業が主となります。


ロボット手術を行うためには、資格が必要で、例えば次のようなトレーニングは必須です。

Q&A


手術は開胸・胸腔鏡・ロボット手術のどれが良いのですか?

どの方法でも、健康保険が使用可能です。腫瘍の位置や大きさによって、向き不向きがありますので、一概には言えません。術後の回復は、開胸よりも、胸腔鏡手術やロボット手術の方がやや速い傾向がありますから病院のホームページ等でロボット手術が可能かを確認してみてください。。


手術を受けるなら入院期間はどれくらいですか?

決め打ちされた期間よりも、回復の経過や退院後の環境が重要ですので個人個人により変わります。目安として開胸なら2週間以内、胸腔鏡やロボット手術なら1週間以内の退院を目安にしてください。


術後治療が必要と言われました。その目的は何ですか?

術後治療の目的は再発する確率を減らすことです。全部取り切れなかった場合は、術後追加治療(放射線治療や抗がん剤治療)を行うほうが良いでしょう。手術で腫瘍を全部取り切った場合でも、状況により術後治療(特に放射線治療)を行うほうが良い時もあります。


術前療法・術後療法を解説します


術後再発の治療はどのようなものがありますか?

再発病変の組織型(胸腺腫なのか胸腺癌か)、病変の場所、病変の数によります。例えば、胸腺腫の再発は、手術で切除することが多いですし、病変の進行が遅ければ治療の間隔を空ける方が有利なこともあります。胸腺癌の場合は、抗がん剤の治療も行わないといけないことが多いです。


再発治療について解説します